2022-05

優待株 個別銘柄分析

「 オルバヘルスケアホールディングス (2689) 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ 19位

オルバヘルスケアホールディングス (2689)はヘムの 優待株ポートフォリオ41位でPER7.3・PBR 1.19・ミックス係数8.69の超割安株。純資産は5年で約77%増加。優待配当利回りは4.6%と高く配当性向は約25%と高すぎず配当余力も十分。
優待株 個別銘柄分析

「 ディーブイエックス 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ 10位

ディーブイエックス (3079)はヘムの 優待株ポートフォリオ10位でPER13.7・PBR 1.27・ミックス係数17.4、純資産は5年で約27%増加。優待配当利回りは3.33%で配当性向は約32%と高すぎません。クオカード優待銘柄です。
優待株 個別銘柄分析

「 ダイイチ 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ 43位

ダイイチ (7643)はヘムの 優待株ポートフォリオ43位でPER7.8・PBR 0.66・ミックス係数5.15の超割安株。純資産は5年で約44%増加。優待配当利回りは3.74%と高く配当性向は約19%と高すぎず配当余力も十分。
優待株 個別銘柄分析

「 システム情報 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 42位

システム情報 (3677)はヘムの 優待株ポートフォリオ42位で上場来7期連続で増配中!業績も上場来増収・増益を継続しており今期の中間決算も前期比で経常利益が28.1%増。純資産は5年で約161%増加。優待配当利回りは3年以上保有で3.75%。
優待株 個別銘柄分析

「 サンコーテクノ 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 41位

サンコーテクノ (3435)はヘムの 優待株ポートフォリオ41位でPER6.8・PBR 0.5・ミックス係数3.4の超割安株。純資産は5年で約34%増加。優待配当利回りは3.75%と高く配当性向は約22%と高すぎず配当余力も十分。
優待株 個別銘柄分析

「 セントケアホールディングス 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ 44位

セントケアホールディングス (2374)はヘムの 優待株ポートフォリオ44位でPER9.6・PBR1.42・ミックス係数13.63、純資産は5年で約51%増加。優待配当利回りは3年以上保有で4.81%と高く配当性向は約27%と高すぎず配当余力も十分。
優待株 個別銘柄分析

「 大倉工業 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 17位

大倉工業 (4221)はヘムの 優待株ポートフォリオ指数17位でPER5.8・PBR 0.39・ミックス係数2.26の超割安株。純資産は5年で約30%増加。優待配当利回りは5.02%と高く配当性向は約26%と高すぎず配当余力も十分。
優待株 個別銘柄分析

「 EJホールディングス 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 33位

EJホールディングス (2153)はヘムの 優待株ポートフォリオ指数33位でPER6.6・PBR 0.75・ミックス係数4.95の超割安株。純資産は5年で約68%増加。優待配当利回りは4.39%と高く配当性向は約23%と高すぎず配当余力も十分。
優待株 個別銘柄分析

「 シノケングループ 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 37位

シノケングループ (8909)はヘムの 優待株ポートフォリオ指数37位でPER5.2・PBR 0.72・ミックス係数3.74の超割安株。純資産は5年で約144%増加。優待配当利回りは5.57%と高く配当性向は約24%と高すぎず配当余力も十分。
優待株 ポートフォリオ指数

ヘムの 株主優待廃止 への対応策

ヘムは優待廃止への対応策として①全投資資産の優待株の割合を減らす②優待を廃止しても持ち続けることが出来る会社の株を買う③優待廃止リスクの少ない会社の株を買うの対策を取っているよ。残念ながら優待株の魅力は相対的に落ちてしまったと考えてるよ。
タイトルとURLをコピーしました