2022-09

参考にしているブログ・ユーチューブチャンネル

ブログ紹介4「鴨とネギの投資生活」by kamonegi

ヘムが良く見るブログの紹介、kamonegiさんの投資ブログ「鴨とネギの投資生活」。2010年末に株式投資開始。割安株への分散投資がメイン。2010年の指数を10,000とした場合で2022年8月は指数が55,000超え。TOPIX、世界株指数を大幅に上回る成績。
DOE採用株 個別銘柄分析

「 日阪製作所 (6247) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ

日阪製作所 (6247)はPER6.3・PBR 0.56・ミックス係数3.5と超割安株です。DOE1.5%以上目途の配当政策を採用しており、純資産も5年で約47%増加しています。優待配当利回りは100株保有で4.77%で 配当性向は約58.02%とやや高めです。
DOE採用株 個別銘柄分析

「 マクニカホールディングス (3132) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ

マクニカホールディングス (3132)はPER6.5・PBR 1.00・ミックス係数6.5と割安株です。DOE4.0%目安を配当政策を採用しており、純資産も5年で約72%増加しています。優待配当利回りは100株保有で4.46%で 配当性向は約26.66%と無理のない範囲です。
DOE採用株 個別銘柄分析

「 ニッケ (3201) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ

ニッケ (3201)はPER11.3・PBR 0.74・ミックス係数8.36と割安株です。DOE2.0%目安の配当政策を採用しており、純資産も5年で約17%増加しています。優待・配当利回りは3.86%で 配当性向は約31.56%と無理のない範囲です。
DOE採用株 個別銘柄分析

「 ソディック (6143) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ

ソディック (6143)はPER6.7・PBR 0.53・ミックス係数3.55と超割安株です。DOE2.0%以上の配当政策を採用しており、純資産も5年で約53%増加しています。配当利回りは3.31%で 配当性向は約21.81%と無理のない範囲です。
連続増配 宣言株ポートフォリオ指数

ヘムの「 連続増配 宣言株 ポートフォリオ」月次報告 (2022/8/31)

有価証券報告書の配当政策に連続増配に類似するような文言を記載している株で組んだ「連続増配宣言株ポートフォリオ」の月次運用成績報告。年々成長していく配当の記録を公表。2022/8/31時点のポートフォリオ全体の配当利回りは3.83%で配当性向は33.8%。
全投資ポートフォリオ

ヘムの「全投資ポートフォリオ」月次報告(2022/8/31)

ヘムの全投資銘柄と投資成績を公表するよ。投資元本が約1億5千8百万円で、時価評価が約2億2千8百万円、運用益が約7千万円だよ。運用益は44.7%だね。優待株・不人気株・DOE採用株・インデックスファンド等様々な指数を作っていくよ。
7資産分散海外ETFファンド指数

資産クラス別 長期運用成績(配当込み)(2022/8/31)

米国株式、先進国株式、新興国株式、米国リート、先進国リート、金、銀、日本国株式それぞれの配当・税金込みの長期に渡る資産クラス別の成績の最新版(2022/8/31)を公表しています。上記各資産を組み合わせた場合の資産の推移もあわせて公表しています。
7資産分散海外ETFファンド指数

ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」月次報告(2022/8/31)

ヘムの「 7資産分散海外ETFファンド 」は①米国株、②米国以外の先進国株、③新興国株、④金、⑤銀、⑥米国リート、⑦米国以外リートの7資産に分散投資しています。5年強の運用期間で配当込みTOPIXを2.02%アウトパフォームしています。
優待株 ポートフォリオ指数

ヘムの「 優待株ポートフォリオ 」構成銘柄&運用成績(2022/8/31)

ヘムの 優待株ポートフォリオ指数 の構成銘柄、優待内容、運用成績を公表! 2022/8/31時点で、優待株指数が配当込みTOPIXを28.27%アウトパフォーム。「QUOカード」「カタログギフト」「食事券」等多くの優待も頂いています
タイトルとURLをコピーしました