2022-08

DOE採用株 ポートフォリオ指数

長期で安定した配当を狙うなら DOE株投資 = なぜDOE採用株投資なのか?

なぜDOEを配当政策に採用している銘柄が狙い目なのか?長期で安定した配当を受け取り毎年の増配も狙える投資手法。なぜインカムゲイン狙いではDOE株投資が優れているのかをヘムが徹底解説します。ヘムのDOE採用銘柄ポートフォリオも公表します。
DOE採用株 個別銘柄分析

「 カワタ (6292) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 11位

カワタ(62292)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ11位でPER6.5・PBR 0.57ミックス係数3.71と超割安株。純資産も5年で50%増加、DOE採用銘柄(DOE2.5%)で優待配当利回りは4.48%、配当性向は約28.6%と無理のない範囲です
DOE採用株 個別銘柄分析

「 エスフーズ (2292) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 10位

エスフーズ(2292)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ10位でPER9.5・PBR 0.93ミックス係数8.84と割安株。純資産も5年で65%増加、DOE採用銘柄(DOE2.5%)で優待配当利回りは2.58%、配当性向は約25%と無理のない範囲です
優待株 個別銘柄分析

「 フロイント産業 (6312) 」 の分析 = ヘムの優待株ポートフォリオ指数 46位

フロイント産業(6312) はヘムの 優待株ポートフォリオ46位でPER28.1・PBR 0.88・ミックス係数24.72とやや割高な株。受注残は過去最高で業績の回復が期待される。純資産は5年で約18%増加。優待配当利回りは100株、3年以上保有で5.29%と高め。配当性向は約74%と高目。
参考にしているブログ・ユーチューブチャンネル

ブログ紹介3「株式投資の王道でお金持ちになるまでの記録」by 月のマグマ

ヘムが良く見るブログの紹介、月のマグマさんの投資ブログ「株式投資の王道でお金持ちになるまでの記録」。1999年12月に株式投資開始。1,400万円の元本が2022年7月29日には7,900万円まで増える。インカムゲイン重視の高配当株投資。
DOE採用株 個別銘柄分析

「 アルフレッサホールディングス (2784) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 9位

アルフレッサホールディングス (2784)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ9位でPER15.9・PBR 0.72ミックス係数11.45とやや割安な株。純資産も5年で20%増加、DOE採用銘柄(DOE2.3%)で優待配当利回りは3.41%、自社株買いも積極的に実施。
優待株 ポートフォリオ指数

株主優待 新設・拡充・改悪・廃止のまとめ(2022年7月)

優待株投資家にとって優待新設・拡充・改悪・廃止等の優待内容の変更は投資成績に非常に大きな影響を及ぼします。、毎月の優待内容の変更を見ることでトレンドを把握し今後のヘムの優待投資方針の参考にしていきます。ヘムの優待株ポートフォリオも併せて公表しています。
DOE採用株 個別銘柄分析

「 日本ハム (2282) 」 の分析 = ヘムのDOE採用株ポートフォリオ 8位

日本ハム (2282)はヘムのDOE採用株ポートフォリオ8位でPER13.2・PBR 0.84ミックス係数11.09とやや割安な株。純資産も5年で20%増加、DOE採用銘柄(DOE2.3%)で優待配当利回りは3.51%、配当性向は約33%と無理のない範囲です
7資産分散海外ETFファンド指数

資産クラス別 長期運用成績(配当込み)(2022/7/31)

米国株式、先進国株式、新興国株式、米国リート、先進国リート、金、銀、日本国株式それぞれの配当・税金込みの長期に渡る資産クラス別の成績の最新版(2022/7/31)を公表しています。上記各資産を組み合わせた場合の資産の推移もあわせて公表しています。
全投資ポートフォリオ

ヘムの「全投資ポートフォリオ」月次報告(2022/7/31)

ヘムの全投資銘柄と投資成績を公表するよ。投資元本が約1億5千7百万円で、時価評価が約2億2千7百万円、運用益が約7千万円だよ。運用益は44.27%だね。優待株・不人気株・DOE採用株・インデックスファンド等様々な指数を作っていくよ。
タイトルとURLをコピーしました